So-net無料ブログ作成
市民感覚 ブログトップ

給食について [市民感覚]

カウントダウン 250です。

2月になりました。

寒さの厳しい日が、続いています。

そんな中、きょうは、雨とともに、暖かさが訪れました。

一雨ごとの、暖かさです。

午後から、学校給食センター運営委員会の傍聴に行きました。

人の一生の活動の基本ともなる健康の源を、小中学校時代に、どうつくるかという
『食』育の問題は、とても大切です。

また、国の、民族の文化の一角を担うといわれる、『食』文化も、
未来を担う子どもたちに、大事です。

原発事故による放射能汚染問題も、重要です。

市内の8の小学校と5の中学校の5千6百人余り分の給食を、センターで一斉に作り、

衛生管理、栄養管理、地域の伝統食文化をはぐくみ、健全な食生活を営む食習慣を身につけ、

生命・自然を尊重、食にかかわる生産・流通消費への理解と、

とてつもなく広範囲の業務に、驚きです。

教育委員会業務の中でも、トップではないでしょうか。

将来世代の育成という、重要な役割です。

センター長を初め、栄養士・調理師の方々、十数人を中心として、
関係者の協力の下に、苦労されているのです。

これは、一給食センターで為しうることではありません。

保護者、保健所、医師、地域が連携しながら取り組む必要を強く感じました。

問題の、食材の放射能測定ですが、報告がありました。

1.市としては、国・県が測定し、安全が確認された食材を使用し産地を、確認している。

2.使用予定食材の産地を、HPで公表している。

3.保護者の不安解消のために、測定器を購入し、使用食材の調理前検査を実施する。

4.購入機器:NaIシンチレーションスペクトロメーター検出限界20Bq/kg(約10分)

5.購入時期:2012年3月、検査実施時期:2012年4月

6.設置場所:給食センター

7.測定時刻:朝納入時(8:15)~調理開始時(9:30)の間

8.機器納入までは、外部検査機関に委託、月2回の委託で、1月以降の結果は、不検出である。

9.4月以降、万一放射性物質が検出されたときは、その食材抜きの料理になり、最悪時は、
  米飯とふりかけ、牛乳となる。

委員のほうから、放射能との付き合いは長丁場になる。

サンプル検査でなく、全数検査ができる数百万の機器を、
先々設置することを考えてもらえないかとの、要望が出た。

これに対し、

10.食材の安全は、国及び県が、責任を持つものである。安心の為に市が検査を行なうということである。
   小中学校以外に7の保育所の分も検査の対象にする。

   限られた中でやっているので、ご理解をお願いする、と。



その後、センター内の食材の搬入から検査、仕分け、調理、作業後の、洗浄、消毒、残渣処理など衛生管理が

DVD映像で映し出された。これを、毎日実施しているのだから大変である。



傍聴の感想としては、

1.今以上に『食』育について、行政関係者、地域、生産者、PTA保護者、地域を巻き込んで、

  本格的に、横断的に、取り組まなければならない。

2.人材という最高の資源を育てることは、自治体にとって最重要事である。

  給食費の未納率は、本市では0.数%であり、大きな問題ではないが、

  将来世代の育成に、公費をもっと支出し、給食は、全額公費で良いのではないかと思う。

  保護者は言うまでも無く、地域が、自治体が、国が、将来世代を育てるべきであると思う。

3.放射能測定についてであるが、行政側の発言を聞いていると、国・県の責任であり、
  市はそれに従うということのようである。

  今回の測定も、本来は、国・県の測定値や、産地確認で十分だが、保護者の
  不安解消の為に、安心のためにやるのであるとの姿勢は、今までの答弁と変わっていない。

  市民の健康と生命を守ることを第一とする自治体として、責任を自覚しているのかなと思う。

  そこからは、行政の従来の無謬性や前例主義の改革は、程遠い。



  終了後に、会議室の隣のトイレに入った。強い臭気が鼻を突いた。

  先ほど見せられたDVDの衛生管理と真反対の感じがした。

  同施設内に、このトイレと、あのDVDに映った調理場は、と。

               市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1市民との対話 [市民感覚]

カウントダウン 41です。
紹介頂いた市民の方、及びスポーツの知人合わせて45人に、ご挨拶をするために、午後家を出た。
全市に広がっているので、1箇所10分として、全員のところへ回るのは、7.5時間掛かる。
半日で回れるのは、半数が良いとこである。
結果は、約半数26人であった。
30人はいけたと思うが、知人のところでは、どうしても久しぶり感があり、話が弾む。
特に、女性それもいわゆるおばちゃんになると、政治、世の中に対する不満をまくし立てる。
聞くことに徹することを、信条にしようと思っている自分としては、これも経験と延々と続くお話を聞く。
ある程度、発散が終った頃に、「ところで、きょうは、何?」ときた。
「実はかくかくしかじかで、政治に深く関わろうと決めたんだ。」と言うと、テンションがさらに上がり、
お鉢がこちらへ回ってくる。『今の議員、政治家は、自分の懐を膨らませるために、選挙にでてるような
もんだよ。殆んどが、自分で事業してるだろう。それと結びつかないわけないって。
何してるかも、さっぱりわかんねーし。ところであんたはどうなのさ」
「いや、ボクは定年終えて、九州に帰り親の介護をして、その親も今年無くなったから、今ここに戻ってるんだ。
そんな魂胆はないよ。また、月に1度、市民の方を交えての、対話集会を開こうと思っているんだ。
そこで議会・行政の状況を報告・説明し、市民の皆さんの意見・要望をその場で出してもらい、皆で解決策を
議論しようと思っている。」と言うと、「それはいいねえ。あんたをうちらのスパイとして、忍び込ませ、
必要な情報を取ってきてもらい、それをもとに、作戦をたて、次の手を打つ。いいねえ。それで行こう。
しっかりやんな。007さんよ。応援するからね」と。
時間は長かったが、励ましを頂き、貴重な時間を過ごさせていただいた。
市民の方との対話の楽しい1面である。これが市民感覚なのであろうか。
         市政に市民目線、感覚を!の 普通の一市民   田中 てるひろ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
市民感覚 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます