So-net無料ブログ作成
環境保全活動 ブログトップ

せっけん作りイベント [環境保全活動]

カウントダウン 351です。
今日は、市内の公民館祭りで、廃食油を使ったせっけん作りの実演を、午前、午後と行った。
いつもの作業場と異なる、公民館の一角での作業のため、事前準備が、大変だった。
また、小さな子どもを初め、初心者の参加対象なので、安全に気を使った。
作製は、毎度のことで、慣れてはいたが、午前中にハプニングが起きた。
いつもは、原料を全て投入して、約1時間攪拌し、少々粘り気が出てきた頃に、型に流し込むのであるが、
きょうは、攪拌してわずか5分経つか経たないかで、急激に固まり始めた。10分後には、シャーベット状になり、攪拌ができなくなった。
分量に変わりはなく、考えられるのは、使用した廃食油位である。
いつもは、一定した出所からのものである。今回は、公民館が、集めてくれた廃食油である。
会員の中に、1度おなじ経験をしている方がいて、そのときは、期限切れのバージン油であったということで
その方の見解では、添加物が、商品により、異なるためそのせいであろうということであった。
その場にわれわれの先輩格に当たる、昔から作製に関わっておられる女性が、たまたま来られていた。
その方の、見解は、やはり廃食油であり、菜種油は、反応が早い。そのため、サラダ油と混ぜて、使う。
自分たちは、油の出所はかなり厳しく管理をしていると、おっしゃっていた。
私たちは、植物油と鉱物油(エンジンオイルなど)は、区別していたが、植物油ならば、多少の差はあってもと、
安易に考えていた。過去には、油が入手しづらく、お豆腐やさんより頂いた油(菜種油が多い)を使用していたが、こんなことは起きなかった。
その後は、主に、小料理屋さんにお願いしている。会員が自分たちの廃食油を、持参することもあるが、起きなかった。
午後は、いつもの、廃食油を使用したら、いつもどおりであった。今回のハプニングは大変勉強になった。

たかが、せっけん作り、されどせっけん作りである。
幅広く普及して、多くの人に、喜んでその良さを体験していただこうと思っている。
便利で、使いやすい合成洗剤に対抗して、安全で優しいせっけんを使っていただき、ライフスタイルを見直すきっかけにしてもらえればと、希望している。頑固な汚れに対しては、ダントツである。どなたも言われる。

今回の、イベントで嬉しかったのは、来ていた小学生が、「先日、このせっけんをもらって、自分で靴洗いに使い、きれいに汚れが落ちたよ」と言ってくれたことである。今年から、市内の小学4年生全てに、クリンセンター見学の際に、私たちが作ったせっけんをサンプルで渡している。この成果が現れたのである。今後も頑張って、サンプル作りをしようと思った。

市政に市民目線、感覚を!の 普通の一市民   田中 てるひろ

せっけん作り [環境保全活動]

カウントダウン47です。
今日は、エコせっけん作り作業を、してきました。
先週型入れした固形せっけんの型だしと、粉せっけんの粉砕、包装です。
来月の長浦小の生徒へ配布するサンプルを作ります。
昨年までは、せっけんを作ったものの、なかなか捌けずに保管場所に頭を悩ましていました。
今年になり、小学生の社会科学習で我々の廃食用油のせっけん作り活動を紹介できる機会を
作っていただいたので、俄然忙しくなりました。
対象は4年生です。袖ケ浦市で約600人います。お一人に粉せっけんと固形せっけんのサンプルを
用意し説明書を付けて、持ち帰ってもらい、お母さん子どもで使ってもらおうという試みです。
我々の活動母体は、せっけん友の会(MUS)といいます。M・・・Make(作る)、U・・・Use(使う)、
S・・・Spread(普及する)を目的としています。
袖ケ浦市の環境NPO「がうらエコネット」の一分科会です。
         市政に市民目線、感覚を!の 普通の一市民   田中 てるひろ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
環境保全活動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます