So-net無料ブログ作成
持続可能 ブログトップ

環境講座に参加して [持続可能]

きょうは、公民館で、生涯学習の一環として開かれている「環境講座」に参加してきました。
県の付属機関の方による、”地震と液状化現象”というテーマで、興味が起きたからです。
P波,S波から始まり、モーメントマグニチュードや、速度応答スペクトルなど、学生時代を思い出す内容でした。
20世紀に入って一番大きな地震は、1960年のチリ地震で、マグニチュード9.5とのこと。
中学生だった私の記憶には、チリ地震=津波という以外にあまり、残っていませんでした。
三陸海岸で相当の被害が出たとニュースが伝えていたのが、記憶にあります。
地球の裏側の地震でさえ、これほどの被害が出たという事実を、経験したのです。
ましてや、日本列島の周りは、いつ、巨大地震が起きてもおかしくない地理的、歴史的可能性が存在しているのに、当時10mの防潮堤が被害を食い止めたことで、他の地域でも同様な防潮堤を築くことで、十分としました。
ここに原発と同じく、自然に勝ったと、いわんばかりの自分たちの技術への驕りが垣間見れます。
日本には、「勝って兜の緒を締めよ」という、ことわざがあります。
油断を戒める内容ですが、科学技術に対しては、過信・驕りを戒めていると受け取っていいでしょう。
18世紀後半の産業革命井以降、著しい進歩を遂げた科学技術も、戦国武将の戦場での箴言の前に、脆くも敗れたという感じです。
人間は弱いものです。悪いこと、恐ろしいことは、できるだけ考えたくないという習性があるのでしょう、そのくせ、とんとん拍子に物事が進むと、有頂天になり、驕り高ぶるのです。
人間とは、そういう生き物です。
度重なる戦争を経験し、その度毎に、もう、戦争はやめた、してはいけないと懺悔するのですが、繰り返し続けています。
こういう生き物が、原子力という、とてつもない技術・力を手に入れたのですから、人類の将来は、運命は、決まったのです。
これから先は、少しでも、滅亡の時期を延ばせるように、”恐る恐る慎重に”生きることでしょう。
ゆめゆめ、宇宙開発や遺伝子技術を賞賛することは、あってはいけないように思います。
”恐る恐る慎重に”生きることで、人生を諦めることにはなりません。
歴史に学べば、紀元前から今日までの人類の歴史の中で、科学技術と共栄したのは、わずか350年です。
それ以外の期間で、人類は、文化、芸術を初め多くのことを享受してきました。
350年の科学技術の恩恵についても、”恐る恐る慎重に”扱えばいいのです。
これこそが、持続可能な社会を作り出す肝所ではないでしょうか。
今、世界を被っている暗雲も、これにより、少しづつ、掻き消されて行くのではないでしょうか。
講座を聴講して、改めて思いました。
                      てりーマン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
持続可能 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます