So-net無料ブログ作成

コンビナート災害

カウントダウン 168です。

市原市で開催された「コンビナート災害を考えるシンポジウム」に参加した。

盛大なシンポジウムで、市原市長を初め、,県議,市議、行政関係者が多く参加していた。

パネラーは専門家4人で、それぞれ20分程度の報告があり、その後聴衆からの質問があった。

全国トップという京葉中部臨海コンビナートを抱えた千葉市、市原市、袖ケ浦市は、3.11以降

市原市のコスモ石油での、タンク火災爆発事故もあり、コンビナート災害を、最大課題として

捉えている。

市民の関心が強いのは、当然である。

パネラーのうち行政担当者の報告は、耳を傾けるようなものではなかった。

パネラーの市議の報告で、改めて認識したことがあった。

コンビナートでの取り扱い物質は、石油、高圧ガス,毒物、劇物等であるが、事業所の数では、

市原市が46で、袖ケ浦市は16である。

石油、高圧ガス、毒物に関しては、俄然市原市が多いが、劇物に至っては、逆に市原市の6倍となっている。

劇物は、毒物よりも致死量となる量が1ランク下、準毒物的扱いになるのだが、県全体では、

毒物の80倍近い取り扱いである。

袖ケ浦市は、県全体の82%の劇物取り扱い量ということだ。

良く耳にする塩素、アンモニア、フッ化水素がそうである。

毒物劇物は、ごくごく少量で人体へ影響する。

東日本震災ほどでなくても、地震等により接合部からの漏れにより、風向きで被災の確率が

増大するということである。

津波、地震を心配することは大切だが、直接の一次災害が起こる規模でなくとも、もっと深刻な

二次災害が起こる確率が高いということである。

今回の3.11を経験して、袖ケ浦市では、

一般の火災爆発以上に、劇物施設に対し、対策を強化、見直しをする必要があると感じた。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

市民条例 [市民目線]


カウントダウン 170です。

自治基本条例策定市民会議の傍聴に出席した。

今回で20回目を数える。

夏から予定されている二回目の対話集会に向けて、昨年纏めた中間報告を

市見解とつき合わせながら、修正している。

回を重ねるごとに、また他機関の意見を聞きながら、市民会議は成長していく。

市民会議の条文に対するコンセプトは、一般市民にわかり易い言葉,文章で

書くということであった。

ところが、条例作りのプロである市見解で、的確な条文用語が示され、

説明を受けるとそんなものかと、納得してしまう。

そのうちやっぱり変だと初心に戻り,譲らないものが出てきた。

今回は、皆の創意が纏まってきた。

自分たちの考えた末の表現を、条例用語に置き換えると、

しっくり来ないと、市民目線になっていた。

そのような発言の中で、「市民条例」という表現があった。

膝をたたいた.これだと。

市民の,市民のための条例、これでなくてはならない。

見た目や的確さよりも、市民に分かりやすく,身近なのが一番だ。

例を示そう。

「市」という用語の定義がある。

市見解では、地方公共団体と同意なので、市の執行機関とするのが適切とある。

市民は、行政を指すときに「市」と呼ぶ。

それが役所の窓口であれ、○○課であれ、農業委員会のような行政委員会であれ。

全て、「市」で通じるのである。

それを市の執行機関と表現したのでは、市民から遠く遠く離れてしまう。

いかに的確で正確な表現だとしても、市民条例ではなくなってしまうと思う。

市民が普通に使っている言葉を、基本的に使いたい。

そんな市民目線で、見直そう。

議会でも議会基本条例がそのうち登場してくるだろう。

このように、市民に直接関係のある条例は、市民目線の視点、表現で

つくりたいものだ。

いっそ名前も自治基本条例ではなく、「まちづくりまつりごと市民条例」としてはどうだろう。

市民の条例だからこそ、中身を理解し、協力しようと思うものだ。

名前は大事だと思う。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

再び卒業式考 [人権]
























































カウントダウン 179です。

前回、卒業式での席順呼名順について、中学校と小学校での感想を述べた。

その後中学校の入学式に列席した。

新入生は、卒業生同様に、男女に分かれて、左右に着席し、男子から呼名を受け、

起立返事を行なっていた。

彼等はつい数日前に、小学校の卒業式で、男女入り混じりで着席、呼名を受けて返事をしていた。

男女共同参画社会基本方の理念の一つである固定的役割分担意識の見直しに該当するとして

混合名簿が提案され採用されている学校もある。

また混合名簿採用による誤った解釈運用に対する反対論があり、従前の分離名簿も存在している。

現実、本市でも小学校と中学校で異なっている。

教育委員会は混合名簿について、男女子同参画基本法の見地から、どのような見解を持っているのだろう。

同様に、男女共同参画推進担当課の見解も、聞きたいものである。

推進には、縦割りでなく横断的取り組みが求められている。

今年度男女共同参画市民意識調査が予算計上されている。

男女共同参画について市民がどこまで理解しているか。

理解の度合いによっては、答えが正反対の結果となる。

調査の年だからやるというのではなく、何のための調査か、意味のある調査か、

男女共同参画会議で十分議論して説明できるようにしてもらいたいと思う。

   市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

給食の放射能問題 [情報提供と説明責任]

カウントダウン 181です。

給食の放射能問題で、給食センターの方と会合を持った。  

給食に不安・心配を感じておられるお母様数名と同席した。

袖市は、近隣市に先駆けて、測定器を購入した。

それまでは、国や県の測定発表したデーターに基づき、

安全な産地を択び、選択仕入れをしている。

お母様方の心配・不安の解消になればと、数百万円の高性能の測定器である。

朝仕入れた食材(主に野菜)の中で主となる品目2~3を測定している。

調理前の測定なので、時間が限られるためということである。

現在まで全て、不検出の結果である。

4月からの新基準100ベクレルに対し、20ベクレルで判定している。

近隣市からは、袖市のこれら施策について羨望の眼差しが向けられているようである。

お母様方からは、検出限界値1ベクレルでの測定を!、吸入を選択性にして!、測定数値を全て公表して!

問題の多いキノコ類は、食材から外せないか!、事後測定も実施して!等の要望が出された。

放射能問題については、市民の間で、関心・心配に温度差がある。

一方の要望に合わせると、他方から反発がある。

他方の反発を招かないところで一方の要望を出来るだけ適えていくことが求められる。

難しい問題である。

今行なわれている数品目の事前検査に加えて、測定機器の空いてる時間帯に、摂取した1食分を

刻みミキサーにかけての全量事後検査を実施して欲しいと思う。

数品目の事前検査と摂取した1食分の事後検査の二者択一としたら、

私はどちらかというと、全量事後検査を時間をかけて、低い検出限界値で測定するほうが良いと思う。

もちろん最善は、全量事前検査である。

「放射性セシウム137の{成人、経口}での50%致死量は0.1ミリグラム程度」

「青酸カリは{成人、経口}で50%致死量が200ミリグラム程度」

「青酸カリの方が約2000倍ほど毒性が低い」

「1gのCs137のベクレル数は3.2兆である」といわれています。

これらを前提として計算すると、

新基準の100ベクレルを示すセシウム量はいくらかというと、320億分の1グラムとなり、

経口50%致死量相当量の320万分の1となります。

100ベクレルで、経口50%致死量の320万分の1ならば、急毒性ではないと思います。

その日に摂取した1食分が、たとえ分からなくても、急毒性でないので急いで心配することもなく、

むしろ事後の検査で全量検査ですから、出た結果で判断し、万一異常値が出たら、原因品目を

徹底解明し、取り除いていく。

そのほうが徹底できるので,安心が高まると思います。

事前とはいえ、限られた品目であれば、どこか不安は付きまといます。

どうやったら不安解消に近づけられるか、皆で知恵を出しましょう。

そのために、当事者は、測定器の情報、測定従事者の情報、給食賄い作業の情報を提供し、

やろうとしていることについて、わかり易い丁寧な説明をすることです。

協働の始まりです。

市民力の活用時です。市民力の見せ時です。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

ラジオ体操考 [スポーツ]

カウントダウン 182です。

スポーツ推進委員会議の傍聴をした。
スポーツ基本法によると、スポーツ推進委員は、当該市町村におけるスポーツの推進のため、

教育委員会規則の定めるところにより、スポーツの推進のための事業の実施に係る連絡調整

並びに住民に対するスポーツの実技の指導その他スポーツに関する指導及び助言を行うものとする。

とある。

ここでスポーツとは何か。

基本法の前文によると、「スポーツは、心身の健全な発達、健康及び体力の保持増進、

精神的な充足感の獲得、自律心その他の精神の涵(かん)養等のために個人又は集団で

行われる運動競技その他の身体活動」とある。

通常は、運動競技を主に指すが、その他の身体活動に注目したい。

数多くの運動競技があり、さらにニュースポーツと呼ばれているものまで目白押しだ。

競技ゆえに、勝敗を競うことが普通だが、国民的観点から言えば、より幅広い視点で

取り組むべきと思う。

ましてや公としての国や自治体が深く関与するならばなおさらである。

健常者については、自助・共助で勧めることで良く、公の役割は、その仕組みを整備する

位でいいと思う。

高齢者や障害をお持ちのいわゆる身体的弱者の方には、積極的に公が、関わるべきである。

スポーツを通して、身体的弱者の健康及び体力の保持増進、精神的な充足感の獲得を図ることにより、

また集団ゆえのコミュニケーションがなされることで、孤立化や引きこもりが、減少すれば個人のみならず、

社会にとって有用であり、基本法を越える大きな目的成果となると思う。

そこで提唱するのが、ラジオ体操である。

それも、自治会よりさらに小さなコミュニティーでの集団的身体活動である。

15分以内で集まることができるミニ広場で、老若男女が共に参加でき、持続できるスポーツとして

ラジオ体操を普及実践させてはどうであろう。

数人の少人数で始め、口コミで広がる。
その輪が、市内いたるところに分散して生まれたら、市民の和に大きく貢献すると思われる。

一つの文化になるだろう。

これは、目新しいことでなく、たぶん全国各地で行なわれていると思う。

行政の縦割りを越えて、教育部,福祉部、市民健康部で横断的に取り組んで欲しいところである。
櫂より始めよで、明朝スタートだ。
市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

残土不法埋立について [説明責任]

カウントダウン 138です。

きょうは、朝から雨、温暖化の影響か、天候不順だ。

先日の野里の残土不法埋立場所が気になる。

撤去計画を、業者が作成し市に届けることになっているが、それまで待っていて問題ないか。

心配を市に尋ねると、担当課は、排水管が、適切に設置されているので

集中豪雨に対応でき、心配ないという。

残土の盛土は、押し固められた訳ではないので、土石流となって流れるれることはないのか。

想定外の雨が降り、万一土石流が発生して、低地の民家に被害をもたらすことはないのか。

今回の件は、地元の市民数名の方による、市への、市長への通報が、発端だと聞いている。

行政として、周辺の方々に、説明をする必要があると思う。

周辺の方は、心配されていると思います。

不幸にして、万一の事態が発生しても、市として、担当者として責任は取れないし、取らないと思う。

そのためにも、予め関係者の方々の、理解を了解を得ることが、とても大切なことと思う。

原発事故をきっかけとして、政治への不信が高まった。なかなか信頼回復はできないだろう。

十分な情報提供と丁寧な説明責任が行政と市民の信頼をつなぐ唯一の手段と思う。

もし、説明の予定、又は既に説明されていれば、老婆心とご理解の上、お許しください。

       市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

中学校入学式 [人生]


カウントダウン 186です。

きょうは、昨日に続き中学校の、入学式です。

校長や来賓の方々からのメッセージにあるように、不安と期待の入り混じった気分が、

新1年生の姿に、そのまま映し出されていた。

大人になるための準備期間だ、切磋琢磨して、生きる力を身につけて欲しいと、激励し、

心配するな、導いてくれる先生方、手を差し伸べてくれる上級生がいる、大丈夫だと安堵させる。

それでなくても、思春期に、反抗期に差しかかろうとする年頃だ。

3年間は、悩みながら苦しみながら結論を出すか、スポーツや共同作業で紛らわせながら、

過ごすなど、それぞれだろう。個人の多様性が、築かれる時期かもしれない。

自らの中から湧き上がるものと、正面から向き合って欲しいと思う。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

入学式 [地域社会]

根形小の入学式に参列した。

新入生のあどけなさ、純粋無垢のこどもたち。

このまま素直に育って欲しいと希望します。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

もう一つの市民参加 [市民参加]

カウントダウン 188です。

市民の方から、2件連絡が入った。

一つは、裏山に超大型冷蔵庫が、テープ巻きにされて不法放置されている。事件と関係ないか。

市に通報したが、音沙汰がない。

もう一つは、近くの広地に残土らしきものが、持ち込まれ高積みにされている。

民家が近くにあり、大雨でも降れば土砂崩れになると心配している。市に通報したが、反応が弱い。

前者について、担当課に確認に出向いた。

担当者は、警察OBの方と、現地に行き確認した。事件性はないようだ。

警察の不法投棄のステッカーを冷蔵庫前面に貼り、再発防止を図っている。

通報市民への連絡は忘れていた。

後者については、自分で実際現地に行き、確認した。確かに、山積みされていて、重機も配備していた。

許可表示の立て札もなく、明らかに不法埋立と思われる。

担当課に、状況を確認しようと出向いた。

担当部署の課長を初め担当部署全員不在であった。

後ほどもらった連絡によると、県の担当者と現地で、業者立会いで調査をしたそうである。

不法埋立が確認でき、即搬入中止させ、搬入済みの残土は、撤去するよう指導した。

2週間以内に、撤去計画書を市に出すように指示した。

通報に対し、きょうの結果が出ないとなんとも判断できなかった、と説明した。

業者は、見つからなければ、埋立で収入を得たのだが、見つかったために、その何倍もの費用をかけて、

搬出先を見つけた上で、撤去することになる。バカなことをしたものである。

これが先例となって、不法埋立がなくなることを願うが、いたちごっこは仕方ないことである。

今回のことで、市民参加の別の面を見た。

審議会等の公募、パブコメの意見募集、ふれあいトークでの意見交換などを想定しているが、

市民の目、感覚による異常への判断が、とても大切であることが分かった。

袖ケ浦市を、自分のまちを、本当に愛しているからの行動だと思う。郷土愛

仕事として、仕組みとしてやっていることより、ずっと価値があるように思う。

警察OBによる、不法行為のパトロールをしているが、市内あまねく居住し、行動している市民の

監視のほうが、断然効果があるのではないか。

市民の通報に対しては、丁寧に接し、時をおかず説明報告をすることが、報いることになる。

それこそが、真の市民参加を進め、協働の一歩になる。

潜在市民力を、絶やすことのないように、顕在化すべく対応してほしいと願うところです。

担当課の職員にエールを送ります。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

自治会総会に参加して

カウントダウン 189です。

四月は、総会の月です。

我が自治会でも総会が、開催された。

昨年以前は、帰省を繰り返していたので、余裕がなかった。

今回初めて、出席した。

どこでもこんなものだろうが、出席者が約1割、委任状を加えて、7割となり、会は成立する.

旧年度の活動報告会計報告が為され、新年度のそれと続く。最後に新役員の承認である。

会員の維持拡大が課題であるが、効果的策がない。

強制加入の提案や、加入の利点の説明文、他の自治会の状況把握と参考事例の調査など、

また、繰越金についても、目的を明確にして額を決め、余裕があれば、会費の減額も考えては、

募金について、会費と一緒に集めるのはいいが、会費と募金は、収入の記載で

分けたほうが、すっきりする等、忌憚ない意見が会場から出た。

何か大きな出費の為に、繰越金を維持しているとの意向だったが、自治会を活性化し、

必要なものと、認識させてこそ、会員も、拡大するのではないか。

消極受身守りの姿勢を感じた。

市の予算を思い出した.

市の予算は、当初予算に対し、補正予算が必ず出る。増でも減でもである。

実績にあわせて、補正で帳尻を取っている。

当初予算で余裕があれば、補正は減額だから、予算が甘さを指摘されるが、結果としては、良し良しとなる。

増の補正を組むと理由の説明が大変だ。穏便に済ますには、余裕で組めれば成功だ。

しかしそれでは努力しようとするだろうか。

当初予算の議論が、頭上を忙しなく通り過ぎてしまえば、3月までは、安泰である。

首長のリーダーシップを発揮して、努力成果を組み込んだ予算を作り、できなければ、

しっかりと説明責任を尽くし、追加の補正を願い出るようにしなければいけないと思う。

市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます