So-net無料ブログ作成

3月議会 [議会活動]

カウントダウン 200です。

3月議会が終った。

予算の議会で、結構中身の濃い期間だった。

今回の一般質問は、住民自治とガバナンスについて、施政方針と絡めて、行なった。

質問の内容が、理念的で、理解されたのか、不安であるが、市長の方針の本質を問い、

回答によっては、賞賛をし、惜しまない協力をする予定でもあった。」

しかし、その期待は、完全に、裏切られた。

質問に、交じらうことなく、再質問も、同じ回答でかわされた。

橋下大阪市長は、「職員は、トップの意思を方針を理解し、それを実現するのが、使命である。
反対の職員は、職場を去るべきだ。」と、述べている、

本市でも、トップの意思は、大きな影響力を、持っているのだろう。

住民自治については、今進められている自治基本条例の策定作業が、鍵となる。
質問の中で、条例の要である、市民参加が、形骸化しないように、市民参画基本計画の制定を訴えた。
市長は、否定はせず、「条例策定の中で論じられると思う」と答えた。

民主主義は、永遠の革命である”との、言葉の通り、完結,完成はないのである。

永遠と続く、試行錯誤の繰り返しである。

条例は、理念、方向性であって、それを実現するために、PーDーCーAサイクルを回した、基本計画が必要と考える。



環境基本計画も、環境条例の中で、その策定が規定されている。

審議会もおくことになっているが、その所掌範囲や、構成など市民参画にも、関わることで、 設定が難しい。

条例策定の委員各位に、ご思慮をお願いしたい。

   市政に市民目線、感覚を!の 袖ケ浦市議 田中 てるひろ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

卒業式考国政と情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます